ホームページのデザインが売り上げに関わるの?

ネットショップなどで売り上げを伸ばすためには、ホームページのデザインが欠かせません。「それより、販売する商品の独自性や、価格の安さなどが重要じゃないの?」と思う人もいることでしょう。 しかし、インターネットを通じた営業活動における最難関は、「そのページにアクセスしてくれる人を増やすこと」です。世界中に星の数ほどあるとホームページの中から、自分の運営しているページへ辿り着いて貰うということは、非常に難しいと言えます。 一般の店舗でも広告などを利用して、お客さんに対して、店の存在をアピールする必要があります。黙っていてもお客さんがうなぎ上りに増えるという可能性は決して高くないでしょう。そして、ネットショップにおいて有効となるアピール方法が、「WEBデザイン」に隠されているのです。

どんな風にしたら売り上げに繋がる?

アクセス数を伸ばすための対策は、一般的に「SEO」と呼ばれます。インターネット上の検索サイトで特定のキーワードを検索した際、自分の持つホームページを上位表示させるための手法です。 IT技術の変化と共に、SEOも、変化し続けています。昨今では「利用者が見やすいデザイン」や「もっと情報を知りたいと感じさせるデザイン」の実装が主流です。かつては「検索するキーワードや、全体の文章量を多くする」といった方法もありましたが、ただ漫然とキーワードを並べ立てるだけのページが頻出したため、その方法は通用しなくなりました。 普遍的なポイントとしては、「自分がお客さんの立場だと仮定した時、もっと見たいと思えるサイトであるかどうか」です。例えば「購入ページがどこにあるか分からない」と感じた時、そのサイトでネットショッピングを楽しみたいと思うでしょうか。「ボタンの大きさは適切か、メニューの位置は分かりやすいか、商品の説明は適切か」といった、細かい部分にこだわることが、売り上げに繋がるWEBデザインの第一歩となります。